GTA MOD FORUM

製作日記から質問までMODに関する話題ならなんでもOKです


You are not connected. Please login or register

(GTA SA) ガルウイングドア等の作り方 筆者: Albreht

前のトピックを表示 次のトピックを表示 Go down  メッセージ [Page 1 of 1]

Admin

avatar
Admin
筆者: Albreht様

正確にはガルウイングというのは一部の車種のドアしか示さないらしいですが、便宜上このような呼び方をしています。
ドア以外にも、トランクや、miscパーツ、さらには車以外の乗り物全般で使えます。

大部分はGosukeさんが解説されているの内容と同じですので、先に目を通しておくと
私の読みにくい文章でも理解しやすいでしょう。
ただし、Gosukeさんのサイトの補足にある
>Z軸を中心に+90度移動 ゲーム内ではY軸を中心に-90度移動
>Y軸を中心に+90度移動 ゲーム内ではZ軸を中心に+90度移動
>X軸を中心に+90度移動 ゲーム内ではX軸を中心に-90度移動
この部分の説明は誤りではありませんが例外が多数あります。
私は例外を埋められるように調べた方で説明します。(実際違う点はここの部分だけです)

では早速、解説に入ります。読みにくい文章なので理解不能なら遠慮なく質問してください。
画像も掲載しているので、その時々でModifyの状態や、Edit Modeを見ても良いでしょう。
また、一部「ほん」と言う漢字が文字化けするため「木(き)」で代用しています。
必要に応じて読み替えてください。

先に結果を書きます。
Code:
 木体 X=x,Y=y,Z=z
ダミ X=x,Y=z,Z=-y

-------------------------------------------------------------------------------------------------

今回解説で使うのは、Turismoです。



まず、ドアの中心の位置を変更します。
ダミーの場所のみ移動し、DisplayのLocal Axisで、[Reset to Parent]を選択して対象をクリックすると、その一つ上のものと
同じ座標/向きに変更できます。使って慣れてください。



ここで、画面上のEdit Modeを[Local]にし、X軸を基準に回転させます。
-68.0度動かすとちょうどドアのフレームと同じ向きになるので
ドア本体(door_XX_ok、door_XX_dam)をX軸に-68度動かします。
ダミー(door_XX_dummy)もX軸に-68度動かします。
初めに書いた「結果」の
本体 X=x
ダミ X=x
の通り、
本体をX軸にx度回転したら、ダミーもX軸にx度回転する ということです。
左右対称で、なおかつすべて同じ向きに回転するためここではドア本体/ダミーをすべて選択し、一度に回転させました。



次は、door_lf関係の作業を進めます。rfで行う作業内容はlfで行う作業と同じため、割愛させていただきます。
door_lf_okをZ軸を中心に、-20度回すことで、完全にドアのフレームとドアの軸の向きが一致するため、-20度ドア本体の軸を回します。



door_lf_okでZ軸を中心に-20度回転しました。
なので今度は、door_lf_dummyを、Y軸を中心に-20度回転します。
一つ前の作業と、この作業は初めに書いた「結果」の
本体 Z=z
ダミ Y=z
にあたります。
本体をZ軸にz度回転したら、ダミーはY軸にz度回転する ということです。

今回は解説するパーツの関係で、Y軸を回転させた場合がかけませんでしたが、同じことです。
初めに書いた「結果」の
本体 Y=y
ダミ Z=-z
より、
本体をY軸にy度回転したら、ダミーはZ軸に-z度回転する です。
具体的に数字の例でいうと、
本体をY軸に-30度回転したら、ダミーはZ軸に30度回転する ということです。



door_lf_damの方には手をつけていませんでしたね。ここでZM2の機能を使います。
door_lf_damをdoor_lf_okの中にいれ、初めに説明した[Local Axes]のReset to Parentをします。
そうすることで、door_lf_okの軸の向きとdoor_lf_damの軸の向きを同じにできるので、作業時間の短縮になります。
この部分はテクニックですので、普通に作業するのが好きな方は普通にdoor_lf_damもdoor_lf_okと同じ作業をしてください。



今度は、door_lf_dummyのコピーを作ります。
[Create]>[Copy]とあるので、door_lf_dummyを選択し、コピーします。
door_lf_dummyを適当な名前にリネームします。今回はdoor_lfに変更しました。
コピーしてできたものなので、座標、軸の向きともにdoor_lf_dummyと同じです。
Gosukeさんのサイトで解説されているように、先にdoor_lfを作成し、door_lf_dummyと同じ作業をしても同じことです。この部分もテクニックですね。
次に、
door_lfの中に、door_lf_dummyと愉快な仲間達を入れます。
ダミーの順番はSSを見ての通りです。
>door_lf
>>door_lf_dummy
>>>door_lf_ok
>>>door_lf_dam



ここの部分の作業は人次第ですね。私は余計なパーツを選択したくないため、dffの外に対象のパーツを出して作業しています。
なので、元の場所に戻します。
後は、dffをエクスポートし、gta saに導入して確認してみましょう。



一応、今回サンプルで作成したものは配布します。
説明ではdoor_lfしか作っていませんが、door_rfも作ってあります。
Turismo Butterfly doors SampleDownload from Mediafire

ユーザーのプロフィールを表示 http://gtamod.ace.st

前のトピックを表示 次のトピックを表示 トップに戻る  メッセージ [Page 1 of 1]

Permissions in this forum:
返信投稿: 不可